涸沢の紅葉

十数年ぶりの涸沢の紅葉。

f:id:kenjiro-t:20191005094742j:plain

涸沢のテント場の混雑を避け、初日に横尾にテントを張って、2日目に日帰り往復。
2日目は朝から快晴、7時に出発して涸沢ヒュッテに10時に到着。13時の下山開始まで、3時間ほど紅葉の中で満喫できました。

f:id:kenjiro-t:20191005093120j:plain

f:id:kenjiro-t:20191005120248j:plain

 

 

詳細はヤマレコの記録

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2052656.html

 

もしくはYAMAPの記録

https://yamap.com/activities/4727417

 

 

 

大倉尾根〜塔ノ岳〜三ノ塔〜ヤビツ峠

夏のテント泊縦走復活にむけての体力確保のために、いつもの”大倉尾根”へ。
-コース:大倉バス停 8:10〜9:45 駒止茶屋 9:50〜11:05 花立山荘 11:15~11:55 塔ノ岳 12:30〜新大日 13:05〜14:00 鳥尾山 14:05~三ノ塔 14:40〜富士見山荘 15:25~15:50 ヤビツ峠
-距離:14.5Km
-累積標高:1800m
-行動時間:8時間05分

f:id:kenjiro-t:20190518081727j:plain

生憎の天候ですが、体力回復が目的なので気にしない

 

f:id:kenjiro-t:20190518094039j:plain歩き始めてしばらくすると、大倉尾根名物の階段。マイペースで登る

f:id:kenjiro-t:20190518100546j:plain

新緑は綺麗。紅葉も好きですが、この季節の緑も好きです

f:id:kenjiro-t:20190518110542j:plain

立山荘近くの階段。ここが一番キツイ。晴れていれば相模湾一望で元気がでるのですが・・・

f:id:kenjiro-t:20190518121140j:plain

12時ちょうどに頂上到着。フリーズドライのカレーを試す。お手軽で美味しいですね

f:id:kenjiro-t:20190518134001j:plain

ヤビツ峠までの下りの中には、一部上り返しがあり、これがまたつらい。鎖場もありmす。

f:id:kenjiro-t:20190518141459j:plain

 三ノ塔への上り返し↑が最後の上り。16時過ぎの最終バスまで余裕が無かったので、急ぎ気味でヤビツ峠まで。バスには無事に間に合いました。

 

記録はここまでですが、途中で見つけた新緑から

f:id:kenjiro-t:20190518113107j:plain

f:id:kenjiro-t:20190518124248j:plain

 

f:id:kenjiro-t:20190518124149j:plain

f:id:kenjiro-t:20190518135148j:plain

 

f:id:kenjiro-t:20190518135828j:plain




 

宮島へ

上の子供を連れて宮島へ。5年前に連れてきていたが、小さいころで記憶にないと言うので、今回がよいタイミング。

宮島口からJRのフェリーで。SUICAなどICカードも使えるようになり便利!

f:id:kenjiro-t:20190506120155j:plain

フェリーからの厳島神社。鳥居もまだ水の中です。

f:id:kenjiro-t:20190504114650j:plain

宮島上陸後、レストランは大混雑で待ち行列のため、仲見世で「焼き牡蠣↓」やもみじ饅頭など、いろいろ買い食い。

f:id:kenjiro-t:20190504121443j:plain

神社も参拝の人で長蛇の列。いろいろ食べている間に、引き潮が進み、歩けるようになっていました。

f:id:kenjiro-t:20190506120412j:plain

子供連れや地元の人??は潮干狩りモード。

f:id:kenjiro-t:20190504135040j:plain

f:id:kenjiro-t:20190504132138j:plain

潮干狩りの道具は持っていませんでしたが、1時間でこのくらい探しました(が放流しました)

f:id:kenjiro-t:20190506121510j:plain

その後、近くにある宮島水族館。でもさすがカープ愛。専用の展示コーナーがあります

f:id:kenjiro-t:20190506121534j:plain

展示の一例↓。確かに赤ヘルだ。

f:id:kenjiro-t:20190506121553j:plain

宮島名物のアナゴさんも

f:id:kenjiro-t:20190506121602j:plain

 

f:id:kenjiro-t:20190506121748j:plain

予想外の潮干狩りで楽しめた1日でした。








 

500系新幹線(ハローキティ新幹線)を追って その6

昨日に引き続き、小月付近で流し撮り下関駅前のホテルを早朝にチェックアウトし、始発の山陽線小月駅へ。現地到着は6時半過ぎ。

何本か練習した後、ハローキティ新幹線「こだま740号」7:15 通過。

f:id:kenjiro-t:20190506113736j:plain

f:id:kenjiro-t:20190506113742j:plain

昨日よりズームで狙ってみる。朝霞で背景が白っぽくなってしまうが仕方がない。

 

この後も午前中に多く通過する500系を中心に流し撮りの練習

f:id:kenjiro-t:20190506113910j:plain

f:id:kenjiro-t:20190506113926j:plain

 

お腹一杯になり帰ろうかどうしようか考えていたところ、撮影地裏の小山に登る道を発見。登ってみたところ、頂上北側の木が伐採されており、そこから新幹線が見下ろせる。

結局その場所で15時の「こだま741号」を撮影して終了。

f:id:kenjiro-t:20190506114832j:plain

f:id:kenjiro-t:20190506114842j:plain

f:id:kenjiro-t:20190506114852j:plain

3枚とも同じ場所からです。流し撮りと同じく、足元が切れている場所があるので、そこを中心に狙うとよいでしょう(真ん中の写真)

500系新幹線(ハローキティ新幹線)を追って その5 

昨年8月に500系新幹線(ハローキティ新幹線)の撮影旅行をしていたが、その際に撮れなかった、ハローキティ新幹線の流し撮りを求めて、小月駅周辺へ再びお出かけ。

朝の9時頃から、やってくるイロイロな新幹線で練習。なかなかピタリと止まらない。

f:id:kenjiro-t:20190506103206j:plain

1/80程度で何とか感覚がつかめた頃、ハローキティ新幹線「こだま741号」の時間に。

 

集中した結果↓

f:id:kenjiro-t:20190506101010j:plain

f:id:kenjiro-t:20190501150202j:plain

15:02通過。何とか1両目、8両目の撮影に成功しました。

 

ただ、見てもらえれば分かるのですが、走行開始から1年経過し屋根や足回りの汚れています。この車両はピンク色と白色なので、特にそれが目立ってしまいます。やはりこういった車両の撮影は走行開始直後がベストであることを痛感。

 

撮影後は翌日に備えて下関駅に宿泊。



 

広電 旧型路面電車 2019

広島市内に旧型路面電車を探してお出かけ。

2010年にも撮影しにきていたのですが、それがこちら↓

あれからほぼ9年。状況はというと、旧京都市電の1900系以外は、休日の日中帯には走っていないようです。

f:id:kenjiro-t:20190506094327j:plain

当時普通に走っていた旧大阪市電の電車も、平日の通勤時間帯以外は新型の低床連接車に活躍の場を譲っているようでした。

f:id:kenjiro-t:20190506094401j:plain

 旧京都市電の車両は10両以上が現役なのですが、あと何年この姿を市内で見られるのか。時間の問題かもしれません

500系新幹線(ハローキティ新幹線)を追って その4 乗車編

本日は高松市内から広島市内へ移動。新倉敷駅から広島駅まで新幹線で1時間ほど。念願の「ハローキティ新幹線」に乗車!!!

f:id:kenjiro-t:20190506074303j:plain

5号車の指定席を確保しましたが、早速、目玉の1号車に移動。展示コーナー、物販コーナー、子供の遊び(折り紙)コーナーです。

f:id:kenjiro-t:20190506074342j:plain

子供達で大混雑かと思いきや、結構すいていました。スタッフの方に聞いてみたところ、やはり新大阪から岡山くらいまでは混んでいるとのですが、岡山以西は割とすていているとのこと。

 

f:id:kenjiro-t:20190429132334j:plain

子供達はスタッフの方と折り紙で遊んでもらいました。

 

さて他の車両ですが、2号車には乗車記念の撮影スペース

f:id:kenjiro-t:20190506074355j:plain

2号車は自由席で、ここだけが座席や社内がキティちゃん仕様になっています(ちなみに他の車両の座席は普通の席です)

f:id:kenjiro-t:20190429130427j:plain

1,2号車以外のデッキなどにも、細かいキティちゃんのデザインはいっぱいでした。

f:id:kenjiro-t:20190506085641j:plain

 

ハローキティ新幹線は各駅停車の「こだま」ですので、「のぞみ」や「さくら」の退避のために10分以上停車することが多いです。そんな時には社外の撮影も可能です。

子供達も停車時間内に先頭車の前で車両と一緒に撮影していました。

f:id:kenjiro-t:20190506075716j:plain

先頭車のデザイン、500系のスマートさとキティの可愛さがうまくマッチングしています。デザイナーさん凄いです。

 

あっという間に広島駅に到着。結局、子供達と1号車で遊んでいたので、指定席は座りませんでした(笑)

f:id:kenjiro-t:20190506075809j:plain

 

新大阪から博多に小さな子供連れで移動する方、「のぞみ」を目的駅の一つ手前で下車して、このハローキティ新幹線に乗り換えて体験するのも良いと思います。

琴平→高松市内

本日は朝から地元の公園。

sanukimannoupark.jp

東京でいえば昭和記念公園のようなものです。広大な敷地に、花畑や子供の遊び場が多数ありました。写真にはないですが、花畑も整備され、子供だけでなく大人の観光客も多かったです。

f:id:kenjiro-t:20190428104136j:plain

滑り台以外にも、大型ネットのジャングルやふわふわドームなど。

f:id:kenjiro-t:20190506071855j:plain

↑なものもありました。

 

午前中は公園で満喫した後、琴平市内に戻り昼食。琴平の有名うどん屋

f:id:kenjiro-t:20190428134753j:plain

子供も讃岐うどんのモチモチ感が気に入ったようです。

f:id:kenjiro-t:20190428135842j:plain

 

ここから親戚の待つ高松市内へ。琴電琴平駅で電車を待っていると、元京浜急行の初代1000系電車が赤い装いでやってきました。「還暦の赤い電車」プロジェクトでこの車両だけ、昔の京浜急行の塗装になっているようです。

 

f:id:kenjiro-t:20190428143730j:plain

赤い電車に乗って高松市内へ。仏生山駅には旧型電車も

f:id:kenjiro-t:20190428161219j:plain

この後、久しぶりのお墓参りの後、親戚の家に泊めてもらいました。

姫路城+おかでんチャギントン

GW10連休の初日、子供たちを連れて新幹線で西へ。指定席を確保できなかったが、朝早く出発し、東京駅から自由席で姫路まで。

乗車してすぐの朝食&新幹線の揺れで、子供達が気分が悪くなり大変でしたが、なんとか姫路駅に到着。

f:id:kenjiro-t:20190427114657j:plain

快晴の天気予報でしたが、上空の寒気が入っていて曇り空&寒い。時折の晴れ間は白鷺城と呼ばれるだけ見事。

f:id:kenjiro-t:20190427114937j:plain

城内を天守閣まで上がっていきます。

f:id:kenjiro-t:20190427121340j:plain

天守閣の中は混雑。急な階段を子供を抱えてあがり、最上階へ。

f:id:kenjiro-t:20190427122632j:plain

城内には専用アプリDLでAR体験できる仕組みもあり、よくできていました。

 

姫路城を満喫後は新幹線で岡山に移動。

「おかでんチャギントン」、岡山駅前にいました↓。事前にネットの写真で見ていましたが、本物もインパクトで大です。こんなの知らずに街で見かけると(@_@)します。

f:id:kenjiro-t:20190427143438j:plain

f:id:kenjiro-t:20190506063535j:plain

反対側は↑な感じ。

ただ乗車には事前予約が必要で、予約が取れなかったため社内への乗車はできず。

その代りに近くにある「おかでんミュージアム」へ。

f:id:kenjiro-t:20190427151130j:plain

f:id:kenjiro-t:20190427153850j:plain

分かる人にはわかりますが、このチャギントンミュージアムも、「ななつぼし」などの鉄道車両デザインで有名な水戸岡鋭治氏のデザイン。ミュージアム内部には子供の遊び場もありますが、どちらかというと水戸岡デザイン展示が中心。GWでしたが、かなり空いていました。

 

その後、岡山から瀬戸大橋線を渡り、本日の宿泊場所である琴平へ。

f:id:kenjiro-t:20190427173754j:plain

初日終了。

菜の花&桜の小湊鉄道 

3年半前に訪れた小湊鉄道↓。 

それ以来、いつか再訪しようと思っていました。相変わらず現役バリバリで頑張っている旧型ディーゼルカーと菜の花&桜のコラボレーションを狙って出かけました。

 

快晴の予報ということもあり、朝一から出発したかったのですが、午前中の用事を済ませた12時頃に五井駅に到着。なんとか12:16発の上総中野駅行に間に合いました。(これを逃すと、3時間待ちでした)

 

ネットで調べてみると、菜の花や桜の撮影地は、小湊鉄道の東半分に集中しているようです。まずは、広大な菜の花畑で有名な「石神 菜の花畑」へ。最寄りの養老渓谷駅に13:26に到着し、15分ほど上総大久保駅方向に歩くと到着します。

 

f:id:kenjiro-t:20190407194844j:plain

写真では一面の菜の花畑に見えますが、時期が遅かったようで、咲いているのは敷地の半分程度。それでも観光客であふれていました。

せめて青空が出てくれればよかったのですが、予報に反して、太陽の方向だけ厚い雲。orz

 

次は桜とのコラボを目指して、上総大久保駅へ。列車に乗るとトロッコ列車まで間に合わないので、上総大久保駅まで2kmを歩きます。30分もかかりませんでした。

f:id:kenjiro-t:20190406150323j:plain厚い雲も消えたころ、里山ロッコ3号↑と、4号↓

f:id:kenjiro-t:20190406153159j:plain

菜の花畑のと桜のコラボレーション。

 

次の月崎駅までは3km。歩く時間と列車の時刻を考慮し、今回は歩きではなく、16:10の下り列車を撮影してから↓

f:id:kenjiro-t:20190406161136j:plain

その折り返しの、16:41発の列車↓に乗車。

f:id:kenjiro-t:20190407195056j:plain

↑はホームからの撮影です。

 

月崎駅まで一駅。下車して20分後に、17:09発の下り列車が到着。駅の南側の小山から俯瞰。ここも菜の花と桜

f:id:kenjiro-t:20190407194902j:plain

 

本日の最後は飯給(いたぶ)駅。月崎駅から17:34発の列車で一駅乗車です。17:43に到着後に10分後の下り列車の撮影のため、ここでも駅南側の丘から見下ろします。

f:id:kenjiro-t:20190406180006j:plain

 

この飯給駅のメインイベントは夜。ライトアップの桜と水鏡をめざして、とんでもない人数の撮影者が集まっています。自分が到着した時刻では、撮影ポイントには既に2重~3重の壁が出来ていたので、その後ろの高台から雰囲気だけ。↓18:59上り列車が到着。

f:id:kenjiro-t:20190406185922j:plain

撮影者が写っているので、様子がわかると思います。この列車の後、その多くは帰宅の途へ。私は車ではないので、今度上りは最終の20:51なので、それまでまだ1本の撮影ができました。

f:id:kenjiro-t:20190407194908j:plain

ちょっと斜めからの場所を確保して、20:06の下り列車を撮影。真ん中のライトが明るすぎますが、贅沢は言えません。よい雰囲気です。

撮影待ちのときに、以前から撮影に通っている方とお話できたのですが、5年くらい前までは、ライトアップしていたけど、ここまでの撮影者の数はいなかったそうです。

 

撮影後、この列車の折り返しの20:51に乗車して帰途へ。自宅まで3時間、何とか帰れました。

 

今回は小湊鉄道の初めての撮影旅行で、午後だけの滞在ということもあり、土地勘だけ抑えるつもりで行きましたが、情報入手もでき、撮影もそこそこできて満足。

来年は「石神 菜の花畑」の最盛期(3月)と青空をめざして。

栢山~富水の菜の花畑

 昨年は天気がいまいちだった栢山~富水の菜の花畑 ↓。

今回は満開のベストタイミング&快晴の天気予報でしたので出かけてみました。

f:id:kenjiro-t:20190324123140j:plain

f:id:kenjiro-t:20190324132426j:plain

ほぼ満開です。満足!

f:id:kenjiro-t:20190324125236j:plain

縦位置で青空とのマッチングしてみました。

LSEは引退していませんが、ぼちぼち撮影は続けていきたいと思います。

 

箱根登山鉄道 紅葉2018

小田急ロマンカーLSEの引退以来の撮影。

今回は主に近年中に引退が想定されている旧型車両をメインに。

 

ネットで調べたところ、12月1週目が路線沿線での紅葉ピークのようなので、狙っていたが快晴の予想でしたので朝からお出かけ。

 

まずは撮影ポイントが多そうな大平台駅周辺。周辺の踏切を何カ所巡ってみて、よさそうな場所を探しました。

f:id:kenjiro-t:20181202072832j:plain

 

大平台駅周辺の幾つかのポイントに目星をつけ、早川橋梁(出山の鉄橋)へ移動。塔ノ沢駅から徒歩15分ほど

f:id:kenjiro-t:20181202072843j:plain

谷間まで陽が射すまでしばらく待ったが、その甲斐あり

 

撮影後は鉄橋前のバス停「出山」から宮ノ下駅までバスで。

宮ノ下駅から小涌谷駅までは線路沿いに歩いてみる。途中の小さな踏切から

f:id:kenjiro-t:20181202072907j:plain

 

この後、小涌谷駅彫刻の森駅まで歩いてみるが、なかなかうまいこと撮影できる場所が見つからない。彫刻の森駅から強羅駅に向かうカーブで撮影できました。

f:id:kenjiro-t:20181202072943j:plain

直ぐ近く、強羅駅側から

f:id:kenjiro-t:20181202073130j:plain

 

 

彫刻の森駅から乗車して大平台駅へ。午前中に目を付けておいた場所へ。

この辺りは14時くらいになると太陽は山影に隠れてきます。

f:id:kenjiro-t:20181202073210j:plain

最後は大平台駅の東側の踏切から、塔ノ沢駅へ下る列車を撮影して終了

f:id:kenjiro-t:20181202073515j:plain

 

 



 

去り行くLSEを追って その29(小田急ファミリーデー)

先週10/13で営業走行を終えていたLSEの最後のお披露目の場。

小田急ファミリー鉄道展2018」に子供を連れてお出かけ。f:id:kenjiro-t:20181021182242j:plain

久しぶりの青空でのLSE。方向幕には「あしがら」。

f:id:kenjiro-t:20181021182328j:plain

 

f:id:kenjiro-t:20181021182255j:plain

反対側は「スーパーはこね

 

f:id:kenjiro-t:20181021182313j:plain

子供をつれて、この人混みの中での撮影するのは大変でしたが、青空の下、最後のお別れできました。

 

 

去り行くLSEを追って その28(ラストラン)

とうとうやってきたLSE走行の最終日。本日も曇り空。結局、9月からの団体・臨時運転日にスッキリ青空になることはありませんでした。

晴れていたら開成~富水あたりでと考えていましたが、それも望めず。前日夜まで場所に悩みましたが、未開拓である足柄駅~蛍田駅周辺に出かけてみる。現地では素早く移動したいので、小田原駅でレンタルサイクルを借りて移動することに。

まずは足柄駅の北側踏切から足柄駅を見下ろし、正面&屋根が見える構図↓

f:id:kenjiro-t:20181014173826j:plain

雰囲気はわかったので、蛍田駅~足柄駅間の小田原厚木道路の高架下付近から、蛍田駅方向を望遠で狙う場所↓。

f:id:kenjiro-t:20181014173838j:plain

この2か所は自転車で5分ほどで移動できるので「下り」「上り」を1ショットとも考えましたが、ラストランとしては不満。この辺りの地形上、俯瞰できる場所があるのではないかと思い、電動自転車のメリットを活かして探してみました。

f:id:kenjiro-t:20181014173845j:plain

走り回った結果、「久野一号墳」という古墳から狩川橋を見下ろせる場所をが一番まともだったのですが、それでも橋の手前も後ろも騒がしい感じで、あまりいけませんでした。

これまでの結果をうけて、迷いに迷いましたが、LSE到着まで時間があるので、撮影していなかった「渋沢7号踏切」から正面望遠狙いに変更。新松田駅まで電車で戻り、レンタルサイクルを借りて、現地へ向かいました。現地には先客のお二人がいましたので、その間から。

◆団体臨時(下り LSE) 13:44通過)

f:id:kenjiro-t:20181014173848j:plain

定期運行最終日と同じく、運転席には花束が↑。幕が「臨時」なのは残念でした。

ケツ撃ちも↓

f:id:kenjiro-t:20181014173853j:plain

撮影後、小田原駅で1時間停車して折り返しとの情報をtwitterから入手。

折り返しの上りのアングルは考えていませんでしたが、同じ場所からは4/28に晴天&新緑で撮影しているので、本日はそれ以上の条件は望めないと想定。

最後の最後ですが、カーブのこのアングルで流してみると面白いかなぁと。さっそく他の列車で練習。9/29の鶴川~玉川学園前駅での流しは成功率が低く苦労したが、ここでやってみると、結構確率高くフォーカスが合うことがわかり、チャレンジしてみるこに。

 

 ◆団体臨時(上り LSE) 15:07通過)

f:id:kenjiro-t:20181014173858j:plain

f:id:kenjiro-t:20181014200738j:plain

シャッタースピードは1/40。自分はこれが限界。なんとか見れるものが2ショット撮れました。

写真&鉄道の神様ありがとう!

 

 

去り行くLSEを追って その27

LSEの運転も残り2日。本日は団体臨時列車『ありがとう 特急ロマンスカーLSE(貸切)に乗車!車内で楽しむ「神奈川地酒 利き酒会」』。

ここで書いているように、9月からの団体・臨時運転は全て天気に恵まれず。

ただ本日10/8は前日までの天気予報でも「晴れ」になっており、写真撮影時に頼りにしていた

でも雲が殆どかからない・・・・・・ はずでした。

朝起きて天気予報を見ると、いつの間にか午前中は曇り、午後から回復とあったので、この時にはまだ楽観的でした。

開成駅でレンタル自転車を借りて開成~栢山~富水あたりのブラブラ、撮影地を探しましたが稲刈りはほぼ終了しており場所に迷いまう。とりあえず富水駅近くの線路脇からに決め、背景の青空を期待してました。

9時過ぎの天気予報では、午後も曇りに変わり、しまいに雨まで降ってきた。日傘のためにと持っていた雨傘をさす羽目に。

小田原からの折り返しをどうしようかと悩んでましたが、ちょうど富水栢山駅周辺の田んぼから見える

が気になる。Google先生によると、自動車で12分、ま~自転車なら20分かなぁということで、LSEがやってくるまで俯瞰撮影ができないか現地確認。

f:id:kenjiro-t:20181008210843j:plain公園のローラー滑り台の出発地点(=俯瞰地点)から↑な感じ。

 登りがつらいが、ダッシュすれば片道20分でまで何とかなりそう。

ちょうどTwiterを見ていると、今回の貸切列車の小田原駅の停車時間は9分。富水駅から小田原駅の往復を入れるとギリギリの時間。他に撮りたり場所もなかったので、これにかけることに。

 

元の場所に戻り、LSEを待つ。

はこね17号(下り GSE) 13:25通過)

f:id:kenjiro-t:20181008211455j:plain

 

◆団体臨時(下り LSE) 14:48通過)

f:id:kenjiro-t:20181008204258j:plain

 LSE撮影後は速やかに撤収、自転車で公園を目指す。自転車は電動なのですが、バッテリーが殆どない(開成駅には5台の自転車が”物理的に”あったのですが、バッテリーが残って借りられたのは、この1台のみ。でもバッテリーランプはわずか”1”。メンテナンスをしっかりして欲しいです)。その残りのバッテリーを坂道にとっておいたのですが、20Mほど進んですぐに切れてしまいました。 orz

◆団体臨時(上り LSE) 15:16通過)

f:id:kenjiro-t:20181008204739j:plain

列車が少し遅れ気味だったこともあり、何とか間に合いました。1Km以上離れているうえに光量が足りず、写真としては今一ですが、LSEの俯瞰画像に追加できて個人的には満足でした。

 

ラストランは10/13、天気はまたもや曇り時々雨。期待できないが、あがいてみる。